若ハゲって完治するの?予防法はやっぱコレですかね

最近、若いのにハゲている人をよく見かけませんか?

 

「若ハゲ」ってやつですね。(汗
悩んでいる人も多いようですが、
正式には若年性脱毛症という病気です。

 

若年性脱毛症は20~30代の年頃に現れてくる薄毛のことをいい、その中にはAGA(男性型脱毛症)も見受けられます。

 

AGAという言葉もよく耳にするようになりましたが、クリニックなどだとAGAに効き目の期待できるプロペシアやミノキシジルといった医薬品を使用したケアがメジャーとなってきています。

 

このようなケアは薄毛の進行を遅らせる効果があっても進行を止める効果や、死滅してしまった毛穴から髪の毛を発毛させる効果を期待しづらいでしょう。

 

ですが、薬物療法によってAGAの進行によって細く弱ってしまった髪の毛が太くなるので、髪の毛のボリュームアップは期待することが可能です。

Sponsored Link


薄毛は完治するのか?

まぁ、何をもって治ると言うかなのですが、薬物療法による「治った」と感じ取ることができるポイントが、進行の遅れ髪のボリュームアップだとしたら「治る」といえます。

 

ですが、髪の毛が発毛して、多くなることを「治った」ということならば、薬物療法などの治療で若ハゲを治すのは難しいと思います。

 

この時代の医学で、髪の毛がなくなってしまったところへ髪の毛を生やすのだとすれば、植毛以外ないというのが現状です。

 

残念ですが・・・、若ハゲは植毛しないかぎり治んないっす(涙

 

進行を遅らせるためには生活の改善も重要

 

植毛しないかぎり完治はしないと言いましたが、進行を遅らせることは可能です。

 

ちなみに若ハゲ(若年性脱毛症)の中には、若い世代で起こるAGAもあります。

 

AGAの要因としてひとつ言われるのが、脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)の影響によるものですが、これ以外にもたくさんのものがAGAの要因になることもあります。

 

発症を防ぐためにも、進行を限りなく遅らせるためにも、原因を無くす生活に気を付けましょう。

 

食生活や睡眠、運動など生活スタイルと髪の毛の健康は密接な関係にあります。

 

食生活の乱れや睡眠不足などで血行不良の状態になると、頭皮に十分な栄養が届けられず、薄毛となる原因になります。

 

健康な体にこそ健康な髪の毛が生えることを心掛け、健康的なライフスタイルを身につけるようにするといいでしょう。

 

特に食生活は大事。

 

人間の体が食事として摂取した栄養素をエネルギー源として働いているように、髪の毛も食事から得る栄養分をもとに作られているのです。髪の毛への栄養補給がストップすることのないよう、バランスのよい健康的な食生活を送ることが必要です。

 

学生時代と違って運動する機会も減ってきますし、お酒を飲める年齢になると居酒屋でガッツリ食べてしまうんですよね。

 

運動不足な上に暴飲暴食。

 

お腹周りのことしか気にしていませんが、髪の毛とも関係しているので気をつけないといけないですね。

Sponsored Link

コメントを残す