手足口病が大流行!潜伏期間ってどれくらい?保育園はどすうる?

手足口病の潜伏期間はだいたい3から5日程度です。

 

それにしても手足口病の患者が増えているようですね。感染してしまう病気なので注意が必要です。感染経路としては飛沫感染、接触感染、糞口感染があるのでうつりやす分、ちょっと流行るとすぐに広がってしまいます。

 

潜伏期間は3から5日とはいっても、小さな子だったら、唾液中には発症後1から2週間程度便中には3から4週間もの間ウイルスが排出されるので、その期間は人にうつす可能性があります。けっこう長いです・・・。

 

水疱が破れたりしてしまうと、その中の液からも感染するかもです。特に、最初の一週間はウイルスの排出が多いそうなので、大人であっても免疫を持っていないとうつってしまいます。

 

ほとんどの人は子どもの頃になるか、感染しても発症しないほどの免疫を持っているので、ずっとならないか。

 

ただ、これが一度きりというわけではないんですよね、手足口病の原因ウイルスにはいくつかの型や種類があるので、2度なってしまう人もいるようですし、もちろん大人でも免疫がない人はなってしまいます。

 

で、大人がなってしまうとお子さんより症状が深刻で、発疹が多く痒みも強かったり高熱が出てしまうこともあるので注意が必要です。

 

まぁ、大人の場合は自分で注意することができるのでとりあえずは大丈夫ですが、子供の場合は親が注意してあげなくちゃなりません。というより、自分の子供だけじゃなく、周りの子供のことまで考えてあげましょう。

 

そうなると、ここで気になるのが、保育園に連れて行ってもいいのかどうかということ。

Sponsored Link


保育園は休ませるべき?

 

保育園では手足口病によって出席停止かどうかを決めていないところも多いので、どうすればいいか困ってしまうと思います。

 

出席停止が決められていないのは、重症になってしまう人が少ないという事と、その割に先ほど述べたように感染期間が長い為出席停止が現実的ではありません。

 

まぁ、わかりやすく言うと風邪と同じような扱いって事ですね。咳や鼻水程度では休まないけど、熱が出たりちょっと様子がおかしくなると呼び出されるみたいな。。。

 

ぶっちゃけ、そんなに長期に渡って子供を休ませることはできないと思います。仕事もありますし・・・。

 

保育園や幼稚園によっては、園長判断で出席停止のところもあるので、保育園側から来るなと言われたら仕方ないですが、そうじゃない場合は、お子さんのオムツも外れてマスクもできるくらいの年齢なら感染の可能性は低そうです。

 

ただ、絶対ではないので連れて行くとなると当然感染のリスクは考えないといけません。マスクができる年齢とは言っても、ずっとマスクをするように言っても子供は嫌がりますからね。

 

それでも、ここまで感染者が増えてくると、保育園側もきちんと対策をとっているところが増えてきていて、手洗いはこまめにさせるとか、マスク着用を徹底させる、おむつが外れていない子供に対してはこまめに換えるなど、一応、感染を予防してくれています。

 

なので、どうしても仕事で子供を休ませれないという場合は、保育園に連れて行くのも仕方がないでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す