アフタ性口内炎ができる原因と予防法を紹介!

口内炎ができると食事するのも
飲み物を飲むのもつらいですよね。

 

僕は今までで最高4つの口内炎が
一度にできてしまったことがあります。

 

いやぁ、さすがにあのときは痛くて
食事するたびに涙が出てましたね。(汗

 

そんな、一般的にみんなができやすい口内炎を
アフタ性口内炎」と呼びます。

 

5~6mm程度の白っぽい口内炎ができますよね。
あの、水を飲むとしみるやつです・・・。
あれを「アフタ」と呼びます。

 

まぁ、その呼び名はどうでもいいですが、
アフタ性口内炎ができる原因や
予防法について見ていきましょう。

Sponsored Link


口内炎ってなぜできるの?

頻繁にできる人は
疲れやストレスが溜まっている場合が多いです。

 

日本は海外に比べて労働時間も長いですし
ストレス社会と言われる中で生活してると
どうしても避けて通れないのかなと思います。

 

ストレスや疲れで体が弱っていると
免疫力が低下しているんですね。

 

そこに追い打ちをかけるかのように
唇の内側を噛んでしまったり、
歯磨き中に傷つけてしまうと
口内炎ができやすくなってしまいます。

 

一度噛んでしまうとなぜか
癖になってまた噛んでしまいますよね。

 

他に、栄養不足が原因でも
アフタ性口内炎はできてしまいます。

 

要するに、体のバランスが大事ってことですね。

疲れてもダメ、ストレスもダメ、偏食もダメ。

 

ではどうやって予防すればいいのでしょうか。

口内炎にならないために

原因がわかったところで、
疲れるな!ストレス溜めるな!
と言ってもそんなこと無理ですよね。(笑)

 

なので、一番簡単にできる予防法は、
口の中を清潔に保つということです。

 

口の中の細菌が多いと
ちょっと口の中に傷がついただけで
口内炎が発症しやすくなってしまいます。

 

清潔に保つ方法としては、
毎日歯磨きをするのはもちろんですが、
それだけでは不十分なので、

 

おくちクチュクチュモンダミン!

 

これで口の中をきれいにしましょう。(^^)



モンダミンの効果は?

僕も頻繁に口内炎ができるようになるまでは
歯磨きしかしていなかったのですが、
モンダミンを使うようになってから
口内炎ができる回数が減りました。

 

本当は全くならないのがいいですが、
こればっかりは個人差があるので
難しいのかなーと思います。

 

ストレスも疲れも溜まりますしね。

 

でもモンダミンを使うようになってから
口の中の爽快感はハンパないっす。

 

歯磨きだけのときより
スッキリするので使う価値はありますよ。

 

あ、あと、モンダミンにも種類があって、
歯周病や口臭予防に効くタイプと
口内炎に効くタイプがあるので
間違えないようにしてください。

 

モンダミンセンシティブ
これが口内炎を予防するタイプです。

 

参考までにどうぞ。(^^)

Sponsored Link

コメントを残す