お盆のお供え物は何がいい?現金とお菓子ならどっち?

お盆に帰るときのお供え物って何がいいのだろう・・・。
夫に聞いても曖昧だし。

案外奥さんに比べ、気にしていない夫って多いですよね。

でもやっぱり、なんでもいいわけにはいかないので、
一般的にはどのようなものをお供えするのか見てみましょう。

現金ならいくらぐらい?

 

現金を包む場合は、3,000~5,000円程度ですが、
10,000円の地域もあります。

 

ただ、初盆ではない場合は、10,000円は包みすぎですね。
そもそも、現金より品物を贈るほうが圧倒的に多いです。

 

お供え物はどんなものがいいかわからないので
現金が無難だろうと思って5,000円程度包まれる方もいらっしゃいます。

 

でも頂く側は、水臭い、堅苦しいなどちょっと抵抗がある方も多いので、
手土産感覚で品物を贈るほうが喜ばれます。

 

品物といっても幅が広いので、
どのようなものがよいのでしょうか。

 

Sponsored Link


食べ物は?

 

品物の中でも圧倒的に多いのが食べ物です。
中でも、水ようかんやゼリー、もなかなどの和菓子は定番です。

 

水ようかんやゼリーって、お中元でもよく見かけますよね。
夏なので多少は日持ちするものがいいでしょう。

 

他には、スイカやメロン、ぶどう、桃、梨などの果物や、
お酒やジュースをお供え物に適しています。

 

「ご先祖様にお供えするもの」なので、
好物だったものをお供えするのがよいとされていますが、
最近ではお供えした後は、捨てずに頂くことが多いので
親族の方が食べられるものにしましょう。

 

ご先祖様が大好物だったとしても、
肉類や魚類などの生ものは控えてください。

 

食べ物以外では?

 

ご先祖様は生前の好物より、お線香が何よりのご馳走なので、
お線香をお供えしてもいいかと思います。

 

最近では、いろんな香りを楽しめるお線香もたくさん出ているので、
セットで購入されるといいですね。

 

線香だけだとちょっと味気ないので、
お花も一緒にお供え物として贈る方も多いです。

 

ただし、お線香やお花は、お盆の前に仏壇を準備するときに
実家で一緒に準備されていることもあるので、
内心ではあまり喜んでもらえていない場合もあります。

 

まとめ

 

  • お供え物で圧倒的に多いのはお菓子です。
    毎回お菓子の種類で困る場合は、お中元のカタログを参考にしましょう。

 

  • 果物は、日持ちもしますし食べれる方も多いので、案外無難です。

 

  • 現金は頂く側が抵抗があることも多いので、
    地域のしきたりで現金を必ず包む場合と初盆以外は贈らないようにしましょう。

 

  • 線香やお花は、すでに準備されている場合があります。
    お彼岸に贈ってお盆に使ってもらうほうがちょうどいいかもしれませんね。

 

最後に、去年はゼリーを贈ったから今年はゼリーはダメってことはありません。

 

毎年違うものを・・・って悩まれるかもしれませんが、
頂く側はいろんな方から頂くので、正直誰に何を貰ったかまで覚えていません。

 

まずは、無難な食べ物から選んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す