Wikipediaの読み過ぎに注意!病気の9割が間違いの情報?

ちょっと調べ事をしたいときに
ネットでWikipediaを検索する人も多いと思います。

とっても便利ですよね。

でも、フリーで誰でも編集できてしまうから
間違った情報が載ってしまうこともあるようです。

病気の情報は間違いだらけ?

 

アメリカの医師がWikipediaの病気の情報について調査したところ、
なんと、10記事中9記事に間違いや欠陥があることがわかりました。

 

ほとんど誤りがあるってことですね。

 

確かに、ネットにはいろんな情報があるので
調べ事をしていてもどれが正しいんだ?
って逆に悩んでしまった経験はあると思います。

 

そんなときにWikipediaに情報が載っていると
一番信用していたのではないでしょうか。

 

誰でも簡単に編集できてしまうフリーの百科事典なので
実際には間違いも多いようです。

 

芸能人の情報だって誤って掲載されていますからね。

 

では実際、どんな病気の種類の情報が誤りだったのでしょうか。

 

Sponsored Link


病気の種類は?

 

誤った情報の記載がある病名は、

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 腰痛
  • 虚血性心疾患
  • 肺ガン
  • 脂質異常症
  • うつ病
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 変形性膝関節症

この9種類です。

 

唯一、脳震盪(のうしんとう)の情報だけが誤りがなかったようです。

 

原因や症状について調べたいときに
間違った情報がインプットされてしまう危険がありますね。

 

ですが、どこが間違っているかなんて
一般の方にはわからないので信じすぎないことです。。。

 

ただ、もっと危険なのが
本職の医師や医学生たちも、わからないことがあれば
Wikipediaを参照しているという現状です。(汗

 

テレビで医師や大学の教授などが議論されている番組もありますが、
それを見ていても人それぞれ見解が違っていますから
「絶対」という情報はないのかもしれませんね。

 

まとめ

 

インターネットの普及で、スマホやパソコンから
いつでもどこでも情報を検索することができる時代になりましたが、
誤った情報も中にはあるということです。

 

同じ商品の口コミだって、人によって賛否両論あるわけなので、
ひとつの情報が絶対ということではありません。

 

Wikipediaに掲載してくれている人も、
悪気があって間違った情報を載せてやろう
ということではないと思います。

 

閲覧する僕たちも信じ込みすぎないように
注意しなくちゃなりませんね。

 

やっぱり、重大な病気は病院に行って
お医者さんに診察してもらうのが一番大事ってことでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す