新築購入の注意点!予算オーバーしないための照明計画!

syoumei新築の購入を検討するときに、
何社か見積もりを出してもらって
比較することもあると思います。

でも、細かなところまで見ずに
総額だけで決めてしまうと後悔することになります。

照明は含まれている?

 

最近では、デザインで照明までトータル的に
コーディネートしてくれる会社が増えているので、
当たり前のように見積もりに含んでくれていますが、
中には別途の会社もあります。

 

特にローコスト住宅を売りにしているような会社では、
見積書に含まれていないことが多いです。

 

照明器具にもよりますが、
床面積が30坪程度の住宅で
だいたい20~30万円程度が相場ですね。

 

僕が家を建てたときは、平面プランと同時に、
どこにどんな照明器具を使うかという
照明計画もして貰ったので誤差は少なかったのですが、

 

僕の知り合いの場合は、
見積書に照明器具は含まれてはいたのですが、
内容があまりにもひどかったです。(汗

 

住宅会社によってこんなにも違うのかー
ってちょっとビックリしました。

 

Sponsored Link


照明器具の内容は?

 

せっかく新築を建てるなら、
照明にもこだわりたいですよね?

 

ダウンライトにしてみたり、
間接照明を使ってみたり。。。

 

部屋がおしゃれに見えるかどうかは、
照明計画がとっても大事なんです。

 

おしゃれなカフェだって、ショットバーだって
照明にはとてもこだわってますよね。

 

それなのにですよ、
僕の知り合いはローコスト住宅を建てて、
見積もりに含まれていた照明が全てニトリ製・・・。

 

別にニトリを否定するわけではないですし、
お値段以上の家具もたくさんあるので
僕もよく行きますが、

 

新築住宅の照明計画にニトリはないだろー
って思ってしまいましたね。

 

リビングも寝室もすべてシーリングタイプの照明。
和室だけペンダントだったかな。

 

照明の見積もりも5万もしてなかったです。

 

一応知り合いにも説得はしてみましたが、
ちょっとでも安く抑えたいということで、
結局ニトリの照明になりました。

 

LEDか蛍光灯

 

LEDにするか蛍光灯にするかでも、
金額が全然違ってきます。

 

もちろんLEDのほうが蛍光灯より
倍近い金額がしますが、
ランニングコストを考えるとLEDのほうがいいです。

 

寿命も全然違いますからね、
蛍光灯だと3~5年ですが、
LEDは10年以上持ちます。

 

ただ、いくらランニングコストが抑えられるといっても、
全部をLEDにするとかなり予算が上がってしまうので、
リビングやダイニングなど、よく使う部屋だけをLEDにして、
寝室や玄関などは蛍光灯にすることもできます。

 

あまり使わない部屋だったら、
LEDでも蛍光灯でもランニングコストは
ほとんど変わらないですよ。

 

間接照明は?

 

間接照明っておしゃれで憧れますよね。

 

僕もリビングをちょっとでもおしゃれに見せたくて
間接照明を付けたのですが、
全然使ってません・・・。(笑)

 

住みだしたら、全くと言っていいほど
必要なかったです。

 

遊び心があっておしゃれでいいですが、
実用性だけを考えると不要なので、
ちょっとでも安く抑えたい人は
間接照明は付けないほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

まず、見積書に照明器具が
含まれているかを確認しましょう。

 

含まれていたら、どんな照明計画をしているか
確認しておきましょう。

 

見積が20~30万円だったら大丈夫だと思いますが、
万が一ニトリ製だったらいけないので
確認しておいてください(笑)

 

LEDか蛍光灯かどうかも確認しましょう。

 

間接照明に憧れている人は、
後悔しないように検討してみてください。
あまり使うことはないですが・・・^^

 

PS.後からでも間接照明は作ることができます。
そんなときこそニトリの照明がおすすめです。

⇒ニトリの間接照明が意外におしゃれだった!

Sponsored Link

コメントを残す