チャイルドシートを助手席に装着したら違反?前向きならいい?

赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるときに、
助手席に乗せるか後ろに乗せるかで
悩むこともあると思います。

助手席のほうが手も届くから
泣き出したときには便利なんですよね。

ほとんどの方が後部座席に乗せていますが、
助手席に乗せている車も見かけると思います。

 

実際は助手席に乗せるのは違反なのでしょうか。

Sponsored Link


助手席は違反?

 

チャイルドシートを助手席に乗せることは
違反ではありません。

 

だから警察に止められるということもないでしょう。

 

ただ、乳幼児のチャイルドシート着用義務はあるので、
違反にならないように装着は必要です。

 

助手席に乗せると、
運転中に泣かれても手が届くのであやすこともできますし、
常に顔を確認することもできます。

 

後ろで泣かれると運転に集中できないから
逆に事故ってしまいそうで危ないですよね。

 

僕もわが子を後ろに乗せて運転したことがありますが、
後ろで号泣されたら全然運転に集中できませんでした。

 

軽自動車ならまだ距離が近いので
頑張れば手が届きますが、
ミニバンだったのでなおさら無理でした。

 

本当に集中できませんし、
イライラして事故ってしまいそうなんですよね。

 

でもなぜみんな後部座席に乗せるのでしょうか。



助手席のデメリットは?

 

チャイルドシートの取り扱い説明書にも記載されていますが、
助手席にエアーバックが装着されている車に、
チャイルドシートを後ろ向きに乗せることは禁止されています。

 

エアーバッグの衝撃って、
大人でも吹っ飛んでしまうほど危険なんです。

 

その衝撃を生後間もない赤ちゃんがくらったら、
首や頭の骨が折れてしまいますよね。

 

最近の車はほとんどエアーバックは装着されていて、
後ろ向きに乗せると言えば1歳未満の赤ちゃんなので、
助手席に後ろ向きに乗せることはNGなんです。

 

かといって、1歳過ぎて助手席に前向きで乗せていいかというと、
危険なのでおすすめはできないということです。

 

確かに、助手席に乗せる方が楽なんですよ。
その気持ちはすっごくわかります。

 

道路交通法上違反ではないので、
後ろに乗せて大泣きされるぐらいなら、
助手席で面倒見たいですよね。

 

でも、これは大人も子供も関係なく、
交通事故で一番死亡率が高いのが助手席です。

 

違反ではなくても、子供の安全のためにも
後部座席に乗せることをおすすめします。

Sponsored Link

コメントを残す